• 日本食研グループのシンクタンクとして「食」を分析し、食ビジネス活性化のための情報発信を行います

新着情報

2020年11月19日(木)ボジョレーヌーボー解禁!
~ボジョレーの消費動向は?他にはどんな商品が売れる?~

今回のポイント
・ワインの消費は長期的に増加しているが直近では伸びが鈍化傾向
・鈍化の理由は若年層の獲得が上手くいっていないこと
・ボジョレーの売上アップのためには、ボジョレーを楽しむ食卓イメージのアピールも大事

続きを読む

「2020年上半期の餃子日本一は宮崎」の理由とは?日本一獲得のためにやるべき3つの事

・日本一を決めるデータはどう集計されている?
・データから見る宮崎日本一の理由
・日本一獲得のための3つのポイント

続きを読む

おうちでハロウィン!「コロナ禍以降の消費動向の法則」から導き出された食卓に並ぶメニューとは?

今回のポイント
・今年はおうちハロウィンが主体
・ハロウィン消費の主役、若年層のスーパー売上は好調。おうちハロウィンはチャンス
・若年層が買いやすいものを捉え売り場から食卓提案を

続きを読む

速報!今年のいつもとは違う「特別な夏」のお盆商戦はどうだった?

今回のポイント
・大人数の会食は減少したが、少人数パーティが増加
・帰省や旅行が無い分、家での食事を少し豪華に
・猛暑や野菜高騰もお盆の売上に影響

続きを読む

スーパー水産部で大きな売上を占める「お刺身」。
コロナ禍をきっかけに利用が伸びてきている若年層を取り込むポイントは?

今回のポイント
・刺身はお魚全体と同様に、高齢は若い頃から食べているが若年は食べていない。
・コロナ禍以降若年の刺身の利用が増えてきている。
・若年に今後も利用してもらうポイントは?

続きを読む

7月からのコロナ禍再拡大…。4月5月のコロナ禍での食卓状況と同じところ・違うところは?

今回のポイント
・一度落ち着いたが直近でまた伸びつつあるものは?
・現在も伸び続けているものは?
・4月5月は伸びていたが直近で伸びていないものは?

続きを読む

味やサイズ、包装形態など、さまざまな違いで変わる「買われやすい」年代の違いは?
~将来の売上アップも見据えた商品戦略~

今回のポイント
・味やサイズの違いにより買われやすい年代は違っている
・背景も考えた上で幅広い年代に対応したラインナップが必要
・将来的な売上を考えると若年層が好む商品の品揃えも重要

続きを読む

人気メニューのから揚げ。
スーパーのお惣菜ではどのようなコトが求められている?

今回のポイント
・から揚げは惣菜の中で構成比の大きいカテゴリー
・から揚げに求められるコトは時間帯別に異なっている
・から揚げはヘビーユーザーが多く、満足してもらえるような商品づくりが必要

続きを読む

直近のスーパーの売上動向から考えるwithコロナ下で求められるコトとは?
~コロナ禍以降も売上上昇が続いている商品、落ち着いた商品の違い~

今回のポイント
・部門、商品により伸びが続いているもの落ち着いてきているものがある
・平日昼食需要、ストック需要で伸びていた商品は落ち着いてきているものが多い
・家で食事を楽しんだり、料理を楽しむ需要はまだ継続している

続きを読む

どうなるどうするお盆商戦!「今年のお盆の過ごし方」アンケートを分析!
~今年のお盆商戦を勝ち抜くポイントとは?~

今回のポイント
・今年のお盆に関するアンケート結果をご紹介!
・今年は家で楽しめる商品がポイントに
・部門ごとに、いつ何が売れるのか把握することが大切

続きを読む