• 日本食研グループのシンクタンクとして「食」を分析し、食ビジネス活性化のための情報発信を行います

新着情報

新型コロナウイルスによるスーパー畜産部への影響は?何が伸びている?

今回のポイント
・畜産部はどの畜種も好調
・手作り需要の増加から特にひき肉の売上が好調
・牛豚鶏はどのような商品が売れているのかご紹介

続きを読む

新型コロナウイルスによるスーパー農産部への影響は?簡便商品の利用が増加中

今回のポイント
・農産部全体は2月末に一時的に売上が増加
・野菜加工品の売上増加が続いている
・果物はカットフルーツミックスが好調

続きを読む

新型コロナウィルスで外出控えるシニア層。春分の日をきっかけにスーパー利用が増加

・子育て世帯のスーパー利用増加
・休校措置で勉強!だったが3連休は公園へ…
・外出控えていたシニアも春分の日で買物に。刺身、赤飯上向く

続きを読む

新型コロナウィルスで増える家呑み。伸びているお酒と求められるおつまみとは?

・居酒屋苦戦。酒屋、スーパーでの酒消費へ
・チューハイ、ノンアル好調
・酒類別の一緒に買われるおつまみ分析

続きを読む

新型コロナウィルスによる消費の変化と、これからスーパーに求められるコトとは?

・休校要請から外食、家食需要が大きく変化
・ストック需要は一服。子供向け消費高まる
・家庭での「食の楽しみ方」の模索が続く

続きを読む

豚肉は東日本で、牛肉は西日本でよく食べられる?

今回のポイント
・牛肉は西日本の支出が多い
・豚肉の地域差はあまり無い
・それぞれの畜種での支出金額TOP10をご紹介

続きを読む

魚は年をとったら食べるようになる?高齢化社会なら漁業は安泰か?

今回のポイント
・高齢層ほど魚の支出金額は大きくなっている
・高齢層は昔からずっと魚を食べているが若年層はあまり食べない食習慣が続いている
・若年層に売れている魚は?

続きを読む

ぎょうざ最強都市はどこだ?令和は2強から3つ巴へ

●「ぎょうざ」の支出が高いのは宇都宮と浜松だけではなかった ■こちらは2018年の家計調査年報、総世帯の都市別の世帯当たりの「ぎょうざ」の支出金額のグラフです。 宇都宮が1位で浜松市が2位となっていて、テレビでも紹介され ...

続きを読む